[記者発表] ブラックホールに落ち込む最後の1/100秒の解明へ

山田真也さんは、X線観測衛星「すざく」に搭載された高感度の「硬X線検出器」を用い、「重ね合わせショット解析」というX線強度や色(波長)の細かな変動が測定できる独自の手法を適用し、ガスがブラックホールに落ち込む最後の100分の1秒間に10億度以上まで急激に加熱されることを発見しました。本観測は、中心に「表面のない天体」、つまりブラックホールがあることを意味します。ブラックホール存在の直接証明に一歩近づいた成果といえます。この研究は、次期X線衛星「ASTRO-H」と世界初のX線偏光衛星「GEMS」で更なる飛躍が期待されています。

詳細は、http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130404_2/#note8 をご覧下さい。

カテゴリー: 「すざく」衛星, ASTRO-H衛星, GEMS衛星, ブラックホール、中性子星、白色矮星, 最近の活動 パーマリンク

コメントは停止中です。