2015
8/3
PRAXyS 衛星が Phase A に選定されました!

我々が、NASAゴダード宇宙飛行センターと共同で NASA 小型衛星 (SMEX) 公募に提案した X線偏光観測小型衛星 PRAXyS が、第1段階審査を突破し、Phase A に進みました。11ヶ月間の 調査開発期間を経て、2016年末に2次審査がおこなわれます。PRAXyS は理研が開発した装置が 搭載され、世界初の高感度X線偏光観測に挑みます。2020年の打ち上げを目指し

もっと読む
2015
5/28
2015年度 理研一般公開

2015年4月18日に理研和光キャンパスの一般公開が行われました。玉川研究室では、「宇宙旅行しませんか?」というテーマで、様々な天体のポスターや検出器の展示を行いました。 私たちのブースの他にも、加速器見学や工作、ミニ講演会など今年も盛り上がっていました。興味のある方は来年度ぜひどうぞ。 理研一般公開2015 HP

もっと読む
2015
5/1
[取材記事] Brookhaven National Laboratory Newsroom

大倉悠貴協力研究員が、Large Synoptic Survey Telescope (LSST)のCCDの特性研究に関しての取材をBrookhaven National Laboratory Newsroomから受けました。 http://www.bnl.gov/newsroom/news.php?a=25610

もっと読む
2015
4/1
2015年度新メンバー

2015年4月1日より、木村智樹さん (基礎科学特別研究員) がメンバーに加わりました。

もっと読む
2014
12/14
SPring-8 放射光施設で宇宙用X線偏光計の性能評価試験

2014年12月7日(日)から12月14日(日)、SPring-8 BL32B2にて、宇宙用に開発しているX線偏光計の性能評価試験を行ってきました。

もっと読む
2014
10/8
ブルックヘブン国立研究所におけるPRAXyS衛星用X線偏光計の性能評価試験

2014年9月20日から26日にかけて、アメリカのニューヨーク州ロングアイランドにあるブルックヘブン国立研究所(Brookhaven National Laboratory:BNL)の放射光施設(National Synchrotron Light Source: NSLS Ⅰ)にて、NASAゴダード宇宙飛行センターのチームと共に、PRXyS衛星用X線偏光計の性能評価試験を行っ

もっと読む